学会誌投稿に関するお知らせ

投稿に関する編集委員会からのお知らせ

景観生態学25巻1号の特集原稿募集について

特集「河川を基軸とした生態系ネットワークの構築(仮)」の原稿募集について

景観生態学25巻1号(2020年6月発行予定)に掲載予定の特集「河川を基軸とした生態系ネットワークの構築(仮)」の原稿を募集いたします。

特集の趣旨
河川の自然再生に向けて,効果的な魚道の設置や多自然型工法による浸水域の設定,氾濫原の再生などが各地で実施されています。これら河川内の個々の構造物や景観構成要素に対する施策のみならず,河川全域に渡る魚類の移動を確保するための複数の堰の改良などといった河川内の縦断的連続性の再生や創出のための取り組みや,田畑などの河川の背後に存在する多様な景観構成要素と河川との横断的な連続性の復元・創出などの新たな取り組みなど,河川を基軸とした景観構成要素・生態系のネットワーク化に向けた施策も行われるようになってきました。さらに,河川流域で培われてきた文化的資源を,河川の維持管理に包括的に取り組むことにより,河川と地域社会との新たな関係を構築しようとする新たな取り組みも検討されています。
本特集では,このような河川のグリーンインフラ,ブルーインフラとしての機能強化および流域の持続的な発展を目指した事例や研究を紹介し,これからの河川と人との新たな関わりを概観します。

1. 問い合わせ・申し込み
事前に,著者,所属,代表者連絡先(メール,電話),原稿種別,表題(仮),概要,刷り上がりページのおおよその数(下記3の原稿レイアウトを参照)を下記受付担当までご連絡をいただけますよう,ご協力をお願い申し上げます。
本特集の受付担当 真鍋 徹(manabe@kmnh.jp)※メールアドレスの全角@を半角@に置き換えてください。

2. 原稿種別
原著論文,短報,総説(以上,校閲あり),調査研究報告,技術情報,実践報告(以上,校閲なし)のいずれか

3. 投稿規程・原稿送付状・執筆要領・原稿レイアウト(刷り上がりページ数の見積り用)
日本景観生態学会ホームページの該当ページ(http://jale-japan.org/のコンテンツの「学会誌投稿規程」)をご確認ください。

4. 原稿提出
校閲のある原稿(原著論文,短報,総説)は2019年8月末まで,
それ以外の原稿は2019年12月25日までに,
日本景観生態学会ホームページの該当ページ(http://jale-japan.org/のコンテンツの「オンライン投稿」)から,原稿と原稿送付状をご提出ください。提出の際は,一般原稿と区別するために原稿送付状の「① 類別」の上部に「25巻1号特集」と明記してください。

5. 投稿料・掲載料
学会員は投稿料・掲載料ともに無料です。超過ページ,カラーページ,別刷りは著者負担となります。非学会員の方につきましては,受付担当までお問い合わせください。

日本景観生態学会編集委員会

 

2019/07/18

景観生態学 20(1) が web 上で公開されました

2015年発行の景観生態学 20(1) 特集「植生管理から生態系管理へ」が J-STAGE 上で公開されました。

こちらから御覧ください。

なお、最新号は景観生態学 21(1) 特集「風土性と地域・まちづくり」です。
本特集は2015年度日本景観生態学会全国大会 (北九州) で企画・開催したシンポジウム「景観生態学と風土性・まちづくり」をベースに、景観生態学の特徴と風土性を結びつけ、地域特性を考慮した計画、設計、実践の場に繋いでゆく理論へ展開する議論を異なった視点から行おうと試みたものです(巻頭言より抜粋)。
会員の皆様のお手元には既に届けられておりますが、Web 上での公開は1年後となりますので、この機会にご入会を検討下さい。

2016/09/12

2015年度論文奨励賞が決定しました

氏名:佐藤 妙(さとう たえ)
所属:宮崎大学農学部
対象論文
主題: 暖温帯山地河畔域におけるハナガガシとハルニレの分布解析に基づく自
然林再生の優先度決定手法
著者: 佐藤 妙・伊藤 哲・宗円 典久・光田 靖
掲載誌: 景観生態学 第 18 巻 2 号

氏名:高橋 一之(たかはし かずゆき)
所属:東京情報大学大学院総合情報学研究科(現 株式会社 パスコ)
対象論文
主題: 都市近郊に位置する谷津景観の変遷過程に及ぼす地形と土地所有形態の影響
著者: 高橋 一之・原 慶太郎
掲載誌: 景観生態学 第 18 巻 1 号

2015/06/19

景観生態学 19 (2) が発刊されました

お待たせいたしました。学会誌『景観生態学』19(2) が発刊されました。
本号の特集は「生物多様性情報を地図化する」です。
日本における生物多様性・生態系サービスの可視化・地理情報化の最先端をご紹介いたします。
また、本号より新連載「景観を読み解く」がスタートしました。全国大会エクスカーションで訪問した地域を景観生態学視点から読み解いています。

景観生態学 19 (2) 2014年12月
目次

■特集:生物多様性情報を地図化する
巻頭言:生物多様性情報を地図化する
中静透
自然環境保全基礎調査植生調査データを用いた森林群集・群落の潜在的分布域の地図化
鎌田磨人・安東純平・染矢貴・浅井樹
野生生物の分布の地図化とその問題点
名取睦・杉村尚・須藤健二・岩城光・戸田光彦・笹渕紘平
相補性解析による効率的な保全に寄与する地域の地図化
角谷拓・赤坂宗光・竹中明夫
生態系サービスの地図化に向けて-定量化および空間評価の視点と最近の動向-
庄山紀久子

■原著論文
空間スケールの違いが野生動物分布の推定に与える影響
後藤明日香・望月翔太・村上拓彦
多摩丘陵に生育する絶滅危惧種タマノホシザクラの分布と多摩ニュータウン開発との関連性
生亀正照・沼田真也・保坂哲朗

■調査研究報告
大阪府におけるハマボウフウの種子供給源としての海浜の比較
楠瀬雄三・村上健太郎

■技術情報
「環境影響評価と生物多様性オフセット」に関するワークショップ参加報告
中川考介・森本淳子

■連載:景観を読み解く (1)
石川県能登半島の歴史と景観の形成過程
柳井清治

■追悼文 浜端悦治さんを偲ぶ・・・西野麻知子

JALE19-2

2015/02/17

編集委員会宛の送信エラーについて

現在、編集委員会宛のメールで送信エラーが頻発しております。

原因は調査中ですが“不達メールが届いてもきちんと編集委員会には届いております”ので、ご安心下さい。

ご不明な点がございましたら、直接編集幹事宛にお送りいただいても結構です。

編集幹事:松島肇(北海道大学大学院農学研究院)
matts[@]res.agr.hokudai.ac.jp [@]を半角@に変更して下さい。

2014/11/14

論文奨励賞

2014年度日本景観生態学会論文奨励賞は新潟大学の望月翔太氏が選出され、2014年6月28日に石川県地場産業振興センター(金沢市)で行われた日本景観生態学会全国大会において授与されました。

対象論文は景観生態学18(2)に掲載された、望月翔太・村上拓彦・芝原知(2013)「ニホンザル(Macaca fuscata)における農地選択の季節変化」です。

2014/07/02

投稿原稿のページ制限と超過料について

和文誌『景観生態学』では,これまで投稿原稿にページ制限を付けておりましたが、このたびページ制限を超過した原稿については,超過分の印刷実費相当額をいただくことといたしました.
詳細につきましては,投稿規程を御覧ください。

2014/04/16